COMMUNICATION
REM art BOOK NO5 
Novenber 2013


日が暮れる頃、

見えるものも見えないものも引き連れて、泳ぎに行こうかと思う。

皮膚と水の境界面は、皮膚と空気の境界面とは、違っているからいい。

宇宙旅行に行けたらもっと良いけど、

プールの底に沈んでみると、ちょっと似ている気もする。

油断をしたら溺れるから、自分の呼吸の事だけ真剣に考えて、

自分と世界の、限界面がはっきりして、

青っぽい孤独が気持ちいい。

身体の中の残りの酸素がすべてという、絶対的条件。
前のページ